カードローンは金利を比較して選びましょう

カードローン選びで一番欠かせないのは、低金利のローンを選ぶことです。
実質年率と呼ばれる年利は、借り入れから完済まで関わってくる問題です。
だからこそ少しでも低金利で借りるために、カードローン比較をするべきなのです。
ランキングサイトで比較するのもいいですが、地元の金融機関のWEBサイトも当たってみましょう。
信用金庫や農協のカードローンも意外とお得なので、比較対象に入れてみるとよいです。
金利は日数で加算される仕組みなので、同じ一括返済をする状況においても借り入れ日数が3日と10日では利息が違ってきます。
早期返済すれば利息は少なくなりますが、返済期間が同じなら低利率のローンほどお得なのは間違いありません。
少しでもお得に借りるためにも、実質カードローン金利の低いところを選びましょう。
ノンバンクは借りやすいのが特徴ですが、実質年率は銀行や信用金庫などより高くなります。
お得に借りるために大切なのは、1%にこだわることです。
初めて借りる方にとっては、1%は微々たる差かもしれません。
実際にカードローンを利用して返済してみないと、1%が毎月の利息にどの程度影響してくるか判断しにくいでしょう。
カードローンの利息は借りる金額に比例するので、追加融資を受けるたびに影響は大きくなっていきます。
初めて借りるときは、追加融資を受けることはないと考えている方が多いですが、そこには根拠はありません。
今後、追加融資を受ける可能性も考えて、少しでも低利率で借りるようにしましょう。

関連記事